閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年5月15日 バンクーバー 武富義和

米国・アラスカ・Pogo金鉱山、生産軌道に乗る

 Teck Cominco社は、アラスカのPogo金鉱山の操業状況を発表した。増強した尾鉱の脱水装置、ペースト処理設備が順調に稼働したことから、2007年4月の生産量は、住友金属鉱山、住友商事とのジョイントベンチャー契約に基づくレベルに達したとしている。
 4月を通じて、選鉱場は処理能力の平均90%、出鉱量は設計の83%以上となった。なお、生産現場では増産努力を行うとともに、選鉱場では信頼性、回収率の改善を引き続き行うこととしている。
 Teck Cominco社は、Pogo金鉱山における4月1日からの商業生産達成を反映し、Pogo金鉱山でのシェア分(40%)の財務結果を同社の利益に計上する。

ページトップへ