閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年5月15日 バンクーバー 武富義和

カナダ・先住民、ウラン開発にストップ

 カナダ先住民、連邦と準州政府で構成される規制評価委員会は、Ur-Enery社がヌナブト準州の上部Thelon盆地で行うウラン探鉱は、先住民にとって精神面で極めて重要な当該地区の自然に対し悪影響を与えるとして計画の中止を勧告した。
 この地区では、少なくとも40以上の会社がウラン探鉱を行っており、百以上の探鉱許可、ミネラルリース等を登録している。今回の判断について、北西準州、ヌナブト準州でウラン鉱徴を行っているジュニア企業は、探鉱の不確実性が増えたとの懸念を抱いている。
 Ur-Enery社は、2004年3月、TSX-Vに上場されたジュニア企業であり、米国ワイオミング、カナダ北部、極に近い西部でウラン探鉱活動を行っている。

ページトップへ