閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年5月15日 シドニー 久保田博志

豪州・Mincor社、旧WMC社の3ニッケル・プロジェクトを取得

 Mincor Resources NL(本社パース、以下Mincor社)は、5月14日、同社5番目のニッケル鉱山となるOtter Juan鉱山及び旧MacMahon鉱山とDurkin鉱山(全て西オーストラリア州Kambalda地域)を68.5百万A$でGoldfields Mine Management Pty Ltd.から取得すると発表した。
 Mincor社は、既存の4鉱山からの2007年のニッケル生産量を12,500~13,500tと予想しているが、今後、2年間で今回取得したOtter Juan鉱山等を加えた8鉱山で年間20,000tを生産したいとしている。今回取得した3ニッケル鉱山は何れも過去にWMC社が売却した経緯がある。
  Otter Juan鉱山は、Kambalda地域で最大規模の鉱山であり、また、同地域で操業している山の中で1970年から生産を続ける最も操業期間の長い鉱山としても知られている。これまでの生産量は、ニッケル鉱石8.3百万t・平均品位3.56%である。

ページトップへ