閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年5月21日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ザルマ社(加)、ルス・デル・コブレ銅プロジェクトにグレンコア社からの資金調達を期待

 5月15日付け業界情報等によると、ザルマ・リソーシズ社(Zaruma Resources Inc.本社トロント)は依然として、メキシコ・ソノラ州のルス・デル・コブレ(Luz del Cobre)銅プロジェクト開発工事の資金をスイスの金属トレーダーであるグレンコア社(Glencore International AG)から調達することを望んでいる。2006年11月に完了したF/Sによると、同プロジェクトの銅カソード生産量は6.8千t/年、鉱山寿命6年、資本コストは24.4百万US$と見積もられている。
  2006年6月に両社は、グレンコア社が同プロジェクトの資本コストを負担する見返りに銅カソードをLME価格で買い取る権利を取得する旨のMOUを取り交わしている。報道によると、ザルマ・リソーシズ社CFOであるFrank van de Waterは、鉱山開発に必要な全ての許認可の取得、電力供給契約、借地契約は完了しており、後は資金の提供を待つのみである、と述べている。さらに同CFOは、同社が少なくとも3つの資金提供元と予備的な会合を持ったことを認めている。同社は資金調達契約を締結後、12~15か月でルス・デル・コブレ銅プロジェクトの商業生産を開始したいとしている。

ページトップへ