閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年5月31日 リマ 西川信康

ボリビア・共同組合組織、COMIBOLに限定した鉱業権付与に猛反発

 業界紙等によると、ボリビアの共同組合組織であるFencominは、5月1日に大統領令でCOMIBOLの権限を強化し、新たな鉱業権の付与はCOMIBOLに限定するとした問題で、モラレス大統領との会談を要求した。もし会談が実現しなければ、Fencominは、近く大規模な抗議活動も辞さないと表明した。
 5月1日に公布された大統領令では、外国企業や国内共同組合組織等にすでに認可している鉱業権は保証されるが、新たな鉱業権はCOMIBOL以外には認可しないと明記されており、この点の修正を政府に求めていくものと見られる。

ページトップへ