閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年6月7日 リマ 西川信康

ペルー・Southern Copper、14億5千万$を投資

 業界紙等によると、Grupo Mexicoは、ペルーの子会社であるSouthern Copperを介して、14億5千万$を投資し、ペルー国内で操業中の鉱山における生産拡大と新規プロジェクトの前進を図ることを発表した。これによれば、Tia Mariaプロジェクト(酸化銅、年間銅カソード43千t)及びLos Chancasプロジェクト(銅・モリブデン、年間銅カソード53千t、銅精鉱年間117千t)の2つの探鉱開発プロジェクトに対して10億$が投資され、双方とも間もなくFSが終了する。また、Tia Mariaプロジェクトは2009年、Los Chancasプロジェクトは、2011年以降の操業開始となる予定。特に、Tia Mariaプロジェクトについては電気や水などあらゆるインフラがそろっており、鉱山サイトの設備建設を待つのみである。
 さらに、同社は4億5千万$を投じてToquepara銅鉱山の拡張工事を行う。同鉱山の2006年の生産量は、182千tだが、これを2011年までに、約40%の拡張を目指すとしている。

ページトップへ