閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年6月12日 北京 土屋春明

中国・紫金鉱業集団公司、銅製錬所建設を計画

 安泰科によれば、中国第2位の金生産会社である紫金鉱業集団公司は400,000t/年の銅製錬プロジェクトの建設や資源の安定確保のために海外の銅鉱山開発を積極的に行う計画であることを同社の副総理である高輝副総経理は語った。同氏は、紫金鉱業集団公司は非鉄金属事業を継続して行うが、同社の主要事業は依然として金部門であることを付け加えた。更に、情報によれば、同社は2007年末までに63.4億元を投じ、国内や海外の鉱山プロジェクト(探査、開発、製錬、販売)を積極的に推進することにより非鉄金属事業は、同社全事業の1/3を占めるに至り、金事業は2007年も急速に成長すると見込まれている。
 高輝副総経理によれば、同社はロシアに於いて既に金プロジェクトを稼働させている。
 現在2つの金プロジェクトを推進中で、一つはモンゴルのウランバートル近くの小規模な金山の開発、2つ目はベトナムでの金山の開発である。更に、中央アジアで埋蔵量170t以上の金山の開発を検討中とのことである。

ページトップへ