閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2007年6月18日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ヌエストラ・セニョーラ銀・亜鉛プロジェクトのプレFS完了

 スコルピオ社(Scorpio Mining Corporation 本社バンクーバー)は、メキシコのヌエストラ・セニョーラ(Nuestra Señora)銀・亜鉛プロジェクトのプレFS結果の概要を6月13日付け同社HPに発表した。同社が100%権益を保有する同プロジェクトは、シナロア州コサラ(Cosala)町東方10kmに位置する。HPに発表されたプレFS結果の概要は以下のとおり。
 同プロジェクトの地金生産量は、銀1.1百万oz/年、亜鉛18百万lb(8,200t)/年、銅1.8百万lb/年、鉛9百万lb/年と見込まれ、粗鉱処理量1,000t/日で鉱山寿命は約6年である。また、同プロジェクトの資本コストは26.5百万US$、その回収期間は約3年と試算され、副産物クレジットを考慮した銀生産キャッシュコストは-0.98US$/ozと見積もられる。金属価格を、銀11.00US$/oz、亜鉛1.25US$/lb、鉛0.50US$/lb、銅2.25US$/lbと想定した場合、割引率10%での税引き後現在正味価値(NPV)は14.3百万US$、内部収益率(IRR)は26.2%と試算される。2007年6月5日現在の金属価格を用いた場合、NPVは46.2百万US$、IRRは60.7%となる。本プロジェクトの生産開始は2008年3月を予定している。

ページトップへ