閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年6月19日 サンティアゴ 中山 健

チリ・Grupo México、第Ⅲ州・El Salado銅鉱床開発、2007年末に決定

地元各紙は、Grupo Méxicoが約150百万US$を投資し探査およびFSを進めてきたチリ第Ⅲ州・El Salado鉱床開発を2007年末に決定するだろうと報じた。 Grupo Méxicoはラテンアメリカにおける事業拡大の一環として、関連会社であるSouthern Copper Peruを通し、チリ第Ⅲ州で4年前に2,700haの範囲の探鉱権を獲得しており、これまでにEl Salado鉱床周辺の探査およびFSに150百万US$の投資をした。ここ数か月の間に最終評価を行い、2007年末には同鉱床の開発計画が決定される見込みである。 Grupo Méxicoは、El Salado鉱床のほかに、第Ⅱ州Antofagasta周辺のSierra Asper鉱床、第I州のCatanaveおよび第Ⅲ州のEsperanza(いずれも金・銀)の探鉱権も所持している。

ページトップへ