閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年6月19日 サンティアゴ 中山 健

ブラジル・2007年第1四半期、銅関連製品輸出順調

 6月14日付け地元紙等によると、ブラジル電線加工業組合(Sindcel)は、ブラジルにおける2007年第1四半期銅産業の輸出入額は5.3億US$の輸出超過になったと発表した。特に電線、半製品の輸出は前年同期比37%増の1.3億US$に達した。同組合Sergio Aredes理事長は2007年全体では銅関連製品の輸出の伸びが更に広がると予想している。同一企業グループ間での連邦税のクレジット活用など税制上の優遇措置が認められ、また金属価格の変動に対応した運転資金の追加が認められれば更に活性化することになるだろうと述べている。国内市場を含めた売り上げについても2006年の48億US$から10%伸びが期待されている。同組合メンバー会社の20%は売上げの鈍化を予測しているが、80%は経済環境の好転、土木・建設業、インフラ関係のプロジェクト等で明るい見通し持っていると報道されている。

ページトップへ