閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年6月19日 バンクーバー 武富義和

カナダ・CCR銅製錬所、スト突入

 Xstrata Copper Canada社と、同社のモントリオールにあるCCR(Canadian Copper Refinery)銅製錬所の組合員430名との間の労働協約が5月31日に期限を迎えたが、折衝が難航し6月11日からストに突入した。
 組合側は、会社提示の年金と給与の面での妥協点が見いだせなかったことから、6月1日の組合員による投票では92%が改定案に反対していた。
 このため、会社は、CCR顧客に対して、計画通りの供給遅延を示唆し、先週水曜日に不可抗力宣言をしている。なお、会社は、他の部署からの配置転換等によりCCRの生産能力である37万t/年のうち35%をバックアップしようとしているが、先週金曜日の段階ではまだ実現できていない模様。
 CCRの労働者が加盟する鉄鋼労働者組合のMatteau氏は、今のところ、会社側との交渉予定はないとしている一方、組合員との間では今後の要求について検討するとしている。
 今後3か年間の労働協約について、現時点では、会社側は1時間当たりの労働単価の引き上げ額を55¢と回答しているが、労働者側は1$を要求している。

ページトップへ