閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年6月20日 リマ 西川信康

ペルー・SOUTHERN PERUにおいて労働者スト開始

 業界紙等によると、SOUTHERN PERU COPPER CORPORATIONの労働者らは、賃上げを巡る会社側との交渉が決裂したことを理由に、Toquepara鉱山、Cuajone鉱山及びIlo製錬所で23日からストライキを決行する旨を発表した。
 労働者側は、2007年度については1日25ソーレスの昇給、2008年以降については年ごとの交渉を求めていたのに対し、会社側は、2007年は1日5.19ソーレス、2008年は3.97ソーレス、2009年は4.19ソーレスの昇給を提示したが、両者の開きは埋まらず、結局、交渉は物別れに終わった模様。

ページトップへ