閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年6月20日 シドニー 永井正博

豪州・ConsMin社、西オーストラリア州、132Nニッケル鉱床開発承認

 Consolidated Minerals(本社パース、以下ConsMin社)は、2007年6月19日、西オーストラリア州Widgiemoolthaの132N鉱床の採掘開始のための、採掘と環境に関するすべての承認を受けたと発表した。採掘は2007年第3四半期に開始され、ニッケル鉱石生産は2008年第1四半期の予定。
 同鉱山は、露天掘で鉱石は約40,000t/年の計画で採掘され、ニッケル品位は2.6%、ニッケル金属量で800~1,000t生産される見込み。鉱山寿命は露天掘で約8か月。ConsMin社は、その後132N鉱床で坑内掘を実施するためのFSを実施中である。プレFSでは、12~18か月の操業が可能とされていた。132N鉱床からのニッケル鉱石はBHP Billitonとのoff-take契約により、Kambaldaの選鉱場に運ばれる。

ページトップへ