閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年6月25日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・エル・チャナテ金山のリーチング工程が操業開始

 キャピタル・ゴールド社(Capital Gold Corporation 本社ニューヨーク)は、メキシコ・ソノラ州のエル・チャナテ(El Chanate)金山のリーチング工程の操業を開始した旨、2007年6月21日付け同社HPに発表した。同金山は含金量で490,000ozの確定及び推定埋蔵量(proven and probable reserves)を有し、鉱山寿命7年の間に、年産44,000~48,000ozの金生産を見込んでいる。同HPの発表の概要は以下のとおり。
 リーチングパッドに積み上げられた破砕済み鉱石へのシアン溶液の散布が開始された。鉱石の積み上げは2007年3月に開始され、現在までに350,000t以上の鉱石が積み上げられている。30~45日後に最初の金生産が行われる見込みである。

ページトップへ