閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年6月25日 メキシコ 小島和浩

グアテマラ・フェニックス・フェロニッケルプロジェクト、スカイ社(カナダ)が共同開発パートナーの参加を検討

 6月15日付け業界情報は、スカイ社(Skye Resources Inc. 本社バンクーバー)Dave Neudorf技術・開発担当副社長の発言として、同社がグアテマラのフェニックス・フェロニッケルプロジェクトの開発を促進するため、JVパートナーの参加を検討していると報じた。報道された同副社長の発言の概要は以下のとおり。
 スカイ社は、発電プラント建設を含めた同プロジェクトの資本コストを11億US$、電力供給をグアテマラ電力庁から受けた場合の資本コストを8億US$と試算している。同社の財政顧問は何れの開発手段を選択しても高利率の約束手形の発行により、上記投資額の60~70%を調達することが可能であると指摘している。したがって、資本コストに関する同社の借入金は、発電プラントを建設する場合は約7億US$、建設を行わない場合は5億US$となる。このため(残りの資金の調達方法として)、同社は、現在JVパートナーを参加させるか、あるいは生産物の購入契約に付随した借入金を調達するのかを検討しているが、現時点では共同開発もしくは購入契約に興味を示している企業を特定できていない。
 さらに、同副社長は、現時点ではヘッジ取引は考えていないがその可能性は完全に排除されたわけではないこと、及び新株発行による資金調達の可能性についても言及した。

ページトップへ