閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年6月26日 シドニー 久保田博志

豪州・Bass Metals社、Zinifex社に鉱石販売

 タスマニアを中心に活動する探鉱ジュニア企業Bass Metals Ltd.(本社パース、以下Bass Metals社)は、6月26日、同社が探鉱・開発中のQue River銅・鉛・亜鉛・銀鉱山(タスマニア州西部)の鉱石をZinifex Limited(本社メルボルン、以下Zinifex社)が操業中のRosebery銅・鉛・亜鉛・銀鉱山(タスマニア州)に販売することで基本合意に達したことを明らかにした。
 Bass Metals社は、Hellyer亜鉛選鉱所(Intec Ltd.)とJVを形成しており、鉱石は同選鉱所に送ることになっているが、Hellyer選鉱所がHellyer鉱山の尾鉱処理(亜鉛精鉱を中国へ輸出)のために処理能力に余裕がないこと、Que Riverの鉱石中の銅・金の回収に対応していないこと、などからRosebery選鉱所へ鉱石を供給することになった。一方、Rosebery選鉱所は、Rosebery鉱山の複雑硫化鉱石を処理していること、1978~1991年の間、旧Que Riverの鉱石を処理していることなどQue River鉱山の鉱石を受け入れる条件が整っていた。

ページトップへ