閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年7月2日 シドニー 永井正博

豪州・Maximus社、旧Bird-in-Hand金鉱山(南オーストラリア州)の深部探鉱

 Maximus Resources社(本社アデレード、以下Maximus社)は、南オーストラリア州Bird-in-Hand金プロジェクトで資源量が増加したことを公表した。
 Bird-in-Hand金プロジェクトはアデレードから30km東のAdelaide Hillsに位置し、旧Bird-in-Hand 鉱山の下部の深部探査である。金資源量の増加はボーリング結果によるもので、JORC規程による予測鉱物資源量が、116,000t、金品位14.2g/tから421,000t、金品位12g/tへと増加した。これは金含有量では約3倍の53,000ozから162,000ozに相当する。
 Maximus社は、2008年に実施される鉱山開発プレFSのため、追加ボーリングを開始する。
 なお、この地域では、Hillgrove Resources社のKanmantoo銅プロジェクト、Terramin Resources社のAngas鉛亜鉛プロジェクトが実施されている。

ページトップへ