閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年7月10日 サンティアゴ 中山 健  2007. 7. 9 シドニー 久保田博志

ブラジル・Santa Ritaニッケル鉱床、Mirabela Nickel社がFS結果発表

オーストラリアのジュニアカンパニーであるMirabela Nickel社は、2007年7月5日ブラジル・Bahia州のSanta RitaニッケルプロジェクトのバンカブルFSの結果、年産4百万tの露天採掘による開発が技術的、経済的に可能であることを確認したと発表した。それによると、開発投資額は263百万US$、生産量は当初16,000t/年(ニッケル精鉱中金属純分)、後に18,500tに拡張予定。2007年9月に環境事前評価が完了し、ブラジル政府から建設開始許可が9月に下りることを期待している。2007年10月から建設開始、2009年第2四半期の生産開始を目指している。Santa Rita硫化ニッケル鉱床の概測および精測鉱物資源量は69.2百万t、ニッケル品位0.61%、予測鉱物資源量6.8百万t、ニッケル品位0.53%。選鉱実収率はニッケル76.4%、銅82%で、ニッケル・銅・コバルト、白金族・金の混合精鉱を生産。剥土比は7.7:1、生産コストは10.52US$/tと見積もられている。

ページトップへ