閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年7月10日 バンクーバー 武富義和

カナダ・Mount Polley鉱山、周辺探鉱を積極化

 Imperial Metals社は、Mount Polley鉱山周辺のボーリング結果の中間発表を行った。
 現在、採掘しているWight Pitの下部では掘進長409.1mにわたり、銅1.53%、金0.7g/t、銀10.21g/tを捕捉。また、同じPitの新たな鉱化帯では101.6mにわたって、同0.42%、金0.13g/t、銀4.62g/tを捕捉した。
 同鉱山は、2006年には123本、掘進長26,240mのボーリングを行っており、今までの総延長は264,464mに及んでいる。
 2006年の探鉱により、推定及び確定埋蔵量は前年比46.1%増の59.9百万t(銅品位0.36%、金0.27g/t、銀0.73g/t)となったため、鉱山寿命も2015年5月まで3年半延びたところである。
 2007年のボーリング計画は85本、28,136mとなっており、更に探鉱を積極化し埋蔵量の増加を図るとしている。

ページトップへ