閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年7月10日 バンクーバー 武富義和

カナダ・Copper Fox社、BC州Schaft Creek鉱床の銅資源量350万tへ大幅増加

 カナダTSX-V上場のCopper Fox社は、BC州北部で探鉱中のSchaft Creek鉱床の銅資源量が従前より41%増え、350万tになったと発表した。
 この鉱床は、Galore Creekに近く、銅の他に、モリブデン、金、銀を含んでいる。もともとTeck Cominco社が保有していた鉱区であったが、オプション契約により93.4%までCopper Fox社が取得可能となっている。当該鉱区では、過去、10百万$の探鉱費で63,200mのボーリングが行われている。
 今回はNI43-101に基づき鉱量評価を行い、2004年時の評価と比べると、銅のカットオフ品位を0.2%とした場合の銅の概測+精測鉱物資源量は、平均銅品位0.25%で350万tとなり前回評価時より27%増加している。同様に、金は33%増で250t(平均品位0.18g/t)、モリブデンは48%増で3.9万t(平均品位0.019%)、銀は23%増で2.2千t(平均品位1.55g/t)となっており、現在、Scoping Studyを実施中である。
現段階では、粗鉱量日産6.5万tの露天掘り採掘を計画しており、鉱山寿命30年を考えている。

ページトップへ