閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2007年7月17日 北京 土屋春明

中国・非鉄金属輸出入貿易の輸入超過が継続的に増加

 安泰科・中国有色金属工業協会によれば、2007年1~5月の非鉄金属輸出入貿易総額は大幅に増加し、349.76億US$に達した。2006年同期と比べ128.98億US$の増で58.4%増となった。そのうち輸出額は109.74億US$、輸入額は240.02億US$で、それぞれ対前年同期比32.5%、74.0%の増加となった。1~5月の輸入額は輸出額より多く、輸入超過は継続的に拡大し、130.28億US$に達し、前年同期と比べ75.2億US$増加した。対前年同期比では136.5%増加した。
 国内の銅資源が不足していることから銅製品は、銅精鉱、銅地金、銅材及び銅スクラップまで大量に輸入する必要があり、2007年1~5月各種銅製品の輸入額は139.1億US$超となり、対前年同期比95.5%増加し、同期非鉄金属輸入総額の58%を占めた。銅製品の輸入超過額は122.9億US$で、対前年同期に比べ1.3倍増加し、非鉄金属輸入超過額の94.3%を占めた。また、酸化アルミ、ボーキサイト、鉛、亜鉛の鉱山原料及びニッケル鉱石、ニッケル地金なども大量に輸入され、2007年1~5月のボーキサイト鉱石の輸入量は、国内酸化アルミ工場のボーキサイト需要量の50%以上を占めている。

ページトップへ