閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年7月25日 シドニー 久保田博志

Newcrest社、2007年第2四半期報告

 Newcrest Mining Limited(本社メルボルン、以下Newcrest社)は、7月24日、2007年第2四半期(4月~6月)報告を発表した。
 金生産量は、当四半期が前期比19%増の463,170oz、2006/2007年度(7月~6月)生産量は1,617,215ozに達する。生産コスト(Cash Cost)は、前期比19%減の230A$/oz、年間では280A$/ozとなった。銅生産量は、当四半期が前期比3%増の22,188t、2006/2007年度生産量は88,940tに留まった。
 Newcrest社は、Telfer鉱山(西オーストラリア州)の2006/2007年度生産量が677,077ozに達し、今後、坑内採掘で金品位がより高くなることが期待されることから、鉱石処理能力を17百万t/年から19百万t/年に拡大する可能性を示唆している。

ページトップへ