閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年7月31日 サンティアゴ 中山 健

ブラジル政府、6百万US$でMato Grosso州空中物理探査を実施

 2007年7月23日付け地元紙等は、ブラジル連邦政府およびMato Grosso州政府が共同で同州の120,000km2における空中物理探査を実施すると報道した。調査は連邦地質サービス局(CPRM)が実施し、経費約6百万US$を両者が折半して負担することになっている。120,000km2のうち既に46,000km2は調査が終了しており、残りの74,000km2は2007年後半に実施される予定である。調査範囲には金、ダイヤモンド、燐鉱石等の鉱物資源が期待される。

ページトップへ