閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年7月31日 バンクーバー 武富義和

カナダ・Strathmore Minerals社、米国で住友商事とウランのジョイントベンチャー

 カナダBC州に本拠を置き、TSXに上場しているStrathmore Minerals社は、同社が推進するニューメキシコ州のRoca Hondaウラン開発プロジェクトに住友商事が参入するジョイントベンチャー契約を締結したと発表した。
 当該契約に従い、住友商事は8月後半の契約発効に当たり、まず参画料として百万US$を支払い、権益比率Strathmore Minerals社60%、住友商事40%のジョイントベンチャー会社を米国に設立し、Roca Honda開発に当たってのバンカブルFSを実施する。資金負担は出資比率に応じて支払われる。FS完了後、投資決定となれば、住友商事はStrathmore Minerals社に対し追加一時金を支払い、開発コストとして50百万US$以上を拠出することになる。
 また、住友商事は、Strathmore Minerals社との間で、このプロジェクトから生産されるウラン精鉱(U3O8)のマーケティングを担当することについての販売マーケティング契約を締結するとともに、Strathmore Minerals社がニューメキシコ州で進めるプロジェクトへの参画権利も有することになる。
 Roca Hondaプロジェクトは、過去300百万lbのウランを生産したニューメキシコ州Grant’s Mineral Beltに位置しており、NI43-101基準による概測+精測資源量は17.5百万lb(平均U3O8品位0.23%)、これに加え予測資源量埋蔵量は15.8百万lb(平均U3O8品位0.17%)となっており、これは日本の年間ウラン需要量の約1.7年分に相当する。生産開始は2013年を予定しており、ピーク時の生産量は1.6~2.0百万lbとなっている。2006年から生産に係る許認可手続きを開始しており、同年11月にはウラン選鉱施設地点を決定したところ。
 Strathmore Minerals社は、1996年に設立され、ウラン価格が7~15US$/lbの頃に戦略的な鉱区買収を行い、現在TSXに上場。BC州の本部の他、プロジェクトを推進しているニューメキシコ州サンタフェ、ワイオミング州リバートンに事務所を構えている。

ページトップへ