閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年8月6日 ロンドン 高橋健一

ロシア・Norilsk Nickel社、2007年第2四半期のニッケル生産量は16%増の7.1万t

 ニッケル生産最大手のロシアNorilsk Nickel社は、7月31日、グループ全体の2007年第2四半期の生産実績を発表した。これによれば、ニッケル生産量は、企業、事業買収などにより、前年同期比16%増の71,000t(前年同期61,000t)となった。これは、主に、3月に買収完了した米OMグループからのHarjavalta(フィンランド)、7月に完了したLionOre社の買収によるもの。ニッケル以外では、銅10万t(前年同期比8%減)、パラジウム25.1t(前年同期比8.5%減)、プラチナ6.1t(前年同期比9%減)となり、いずれも前年同期比では減産となった。また、今期の結果を受け、ニッケルの2007年通年での生産見通しは、295~300千t(当初270~275千t)に上方修正がなされた。一方、銅、パラジウム、プラチナについては、当初の見通しである、銅404~409千t、パラジウム93~95t、プラチナ22tからの変更はない、としている。

ページトップへ