閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年8月7日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・環境大臣、氷河保護政策を策定

 8月2日付け地元新聞によると、チリのAna Uriarte環境大臣は、氷河保護を最優先させる政策を策定し、チリ環境委員会(CONAMA)に提出した。これは、チリ政府が地球温暖化対策の一環として実施するものであり、氷河に関するデータベースの作成や氷河の融解を促進させる粉塵から氷河を守るため、鉱業活動を規制すること等が含まれている。
 同大臣は本政策に基づき、議会の承認なしに環境当局が氷河を保護するための規制を実施することは可能であるとしており、氷河地域での鉱業活動に影響を与える可能性がある。

ページトップへ