閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2007年8月8日 シドニー 久保田博志

豪州・Perilya社、Flinders鉱山の亜鉛鉱石の引き取り手を求める

 Perilya Limited(本社パース、以下「Perilya社」)は、同社が探鉱中のFlinders亜鉛鉱床(南オーストラリア州)の鉱石の引き取り先を求めていることを明らかにした。
 Perilya社のLen Jubber社長は、同鉱床の亜鉛精鉱は不純物のレベルが高く、製品は市場では敬遠されやすく、アジアの製錬所が引き取ることを期待しているとコメントしている。
 Perilya社は、同社の主力鉱山であるBroken Hill亜鉛・鉛鉱山の拡張と鉱山寿命の延長(10年程度)を目的とした12百万A$規模の探鉱を実施中である。

ページトップへ