閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年8月20日 シドニー 永井正博

豪州・Murchison社、アフリカ・ギニアでウラン大型鉱床発見

 Murchison United NL社(本社パース、以下Murchison社)は、ギニアでウラン鉱床を発見したことを公表した。これは、ギニアの鉱山地質大臣のAhmad Kanteが明らかにしたものである。
 Kante大臣によると、発見は、ギニアの首都Conakryから南東に600m離れたKissidougouのFirawa探鉱地のボーリングにより採取されたサンプルの分析で明らかになった。サンプルの分析結果から、cm単位での鉱床の探鉱が実施されている国もある中で、我々は7~14mの幅の鉱床を取り扱っていると述べた。
 Murchison社によると主なボーリング結果は、

 

FRW12

:幅10m、

U3O8

652ppm

 

FRW30

:幅5m、

U3O8

749ppm

 

FRW31

:幅5m、

U3O8

678ppm

 

FRW9

:幅14m、

U3O8

555ppm

 なお、Murchison社は、Firawaで3つの探鉱ライセンス、1516km2を所有している。

ページトップへ