閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年8月21日 サンティアゴ 菱田 元

チリ・ENAMIがDelta Copperプロジェクトで銅生産を2009年に開始

 8月17日付地元業界紙等によると、ENAMIは2009年にチリ第IV州Delta Copperプロジェクトで銅生産を開始する計画であることを、サンティアゴで開かれた中規模鉱山会社の会合で発表した。開発コスト40百万US$のこのプロジェクトは、硫化鉱処理に60,000t/月の浮遊選鉱場を、酸化鉱処理に15,000t/月のSX-EWプラントを建設し、200t/月のカソードを生産する。
 本プロジェクトのビジネスモデルは、第IV州で民間企業が操業しているPanulcillo鉱山から鉱石の一部の供給を受け、残りは他の中小鉱山からの鉱石を集めるものである。Panulcillo鉱山は50,000t/月の鉱石を供給し、60,000t/月の浮遊選鉱処理を行うが、不足分10,000t/月の鉱石は中小規模鉱山から供給される。ENAMIは15,000t/月のSX-EWプラント処理を行うが、Panulcillo鉱山や他の中小鉱山と共同で5,000t/月の酸化鉱を供給する。
 このプロジェクトの銅輸出における経済効果は、中小鉱山の参加で約11.9百万US$、Panulcillo鉱山の参加で22.3百万US$と見積もられる。
 ENAMIは浮遊選鉱場建設の入札を2008年3月に行い、翌2009年8月に生産開始を計画している。SX-EWプラント建設の入札は2008年2月に行い、生産開始は2009年6月の予定。鉱山操業(採鉱)の入札は2008年6月の予定である。環境影響評価は2007年1月に提出された。
 ENAMIの役割は、鉱石の買い入れ、鉱石処理、生産された地金の販売により、チリの中小規模鉱山の発展を支援することである。

ページトップへ