閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年8月22日 シドニー 久保田博志

豪州・Newcrest社、Telfer金・銅鉱山の資源量下方修正

 Newcrest Mining Limited(本社メルボルン、以下Newcrest社)は、8月17日、2007年6月30日時点の同社の鉱物資源量及び埋蔵量を発表、同社主力鉱山であるTelfer金・銅鉱山の資源量・埋蔵量が当初の評価から減少したことを明らかにした。
 Newcrest社グループ全体の資源量は、金が55.2百万oz(見直し前から3.7百万oz減少)、銅が5.65百万t(同0.25百万t減少)、埋蔵量は、金が33.2百万oz(見直し前から0.7百万oz減少)、銅が2.70百万t(同0.26百万t減少)となった。
 Telfer金・銅鉱山は、小規模の衛星鉱体が資源量に含まれていたが、再調査の結果、期待していた品位よりも低いことが分かり、カットオフその他のパラメータを考慮した結果得られた新たな資源量は金が4.9百万oz、銅が0.15百万t、埋蔵量は金が2.4百万oz、銅が0.06百万tとなった。

ページトップへ