閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年8月27日 ロンドン 高橋健一

ザンビア・Makomba銅鉱山、カナダ企業の投資により再開予定

 各社報道によれば、ザンビア鉱山・鉱物資源開発省関係者の発表では、1970年代に閉山された、ザンビアMakomba銅鉱山が、カナダICS Copper Systems社により、2009年までに採掘が再開される見通しであるとした。Makomba鉱山は、同国カッパーベルト地帯のMufulira地区に位置し、露天採掘ピットは水没しており、再開するには排水作業を必要とする。報道内容では、ICS Copper Systems社は、ここまで約10百万US$を投資し、2007年6月から資源量確認のためのボーリング調査を開始、年内にはボーリング調査を完了、その後、FSに移行する予定であり、順調に進めば、2009年末までに生産が開始される見通しであるとしている。
 ザンビアでは、近年、民営化政策による鉱山再開発及び新規鉱山開発が進展してきており、来年2008年の銅生産見通しは75万t規模に達すると予測され、これは過去の生産ピークであった1970年代の水準を超えるものとなっている。

ページトップへ