閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年8月29日 リマ 西川信康

ペルー・リマ証券取引所の上場ジュニア企業が年末までに10社へ

 業界紙等によると、2007年1月から現在までに3社のカナダジュニア企業(NORSEMONT MINING、CANDENTE RESOURCES、PANORO MINERALS)がリマ証券取引所(BVL)に上場し、現在合計5社のジュニア企業の株取引が行われているが、BVLのオビエド代表によれば、年内にさらに5社が加わり合計10社となる見通しであるとともに、現在のBVLにおけるジュニア企業の取引総額は10億5,826万US$にのぼることを明らかにした。
 オビエド代表は、世界的な株式市場の不安感は、将来的な鉱物資源の探査を専業とするジュニア企業の活動には影響を与えないとの見方を示した。またNORSEMONTのBAXTER社長は、2006年のBVLは世界で最も収益性の高い証券取引所の一つであり、BVLで取引される株式全体の6割が鉱業関連株で266%の利益回収を実現したとし、世界的な株安が進行しているもののBVLにおける投資を信頼しているとコメントした。

ページトップへ