閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年8月30日 シドニー 永井正博

豪州・Pallinghurst社、CosMin社の買収に新提案

 Consolidated Minerals Ltd.(本社パース、以下「ConsMin社」)の役員会は、BHP Billiton元社長Brian Gilbertson氏率いるPallinghurst Resources(本社ロンドン、以下「Pallinghurst社」)の新しい買収提案を受け入れるべきと株主に勧告した。
 8月28日、Pallinghurst社はConsMin社買収のオファー価格を9%引き上げ、822百万A$とすると述べた。また8月30日正午までに限り、市場での株の買取価格を前回オファーより30c/株高い3.60A$/株とすると述べた。
 Pallinghurst社のこの動きは、Territory Resources Ltd.(本社ダーウィン、以下「Territory社」)の正式ビッドを予期したものであり、ノルウェーのTinfos Group社がCosMin社の企業評価に乗り出して来た後に行われたものである。
 Pallinghurst社の3.60A$/株のビッドは、Territory社のキャッシュで2A$/株、ConsMin社株1に対して新株1.5という、最近の市場価格で約3.43A$/株と見込まれる提案を越える。
 Pallinghurst社は、もし十分な支持が得られ、9月4日までにCosMin社の株の35%を取得できたら、これらの条件は撤回すると述べた。

ページトップへ