閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年9月3日 北京 土屋春明

中国・江西銅業集団公司、2007年1~7月銅カソード生産量、対前年同期比10.94%増

 安泰科によれば、2007年7月の江西銅業集団銅カソード生産量は5.15万tで先月と比べ.48%増加、硫酸(100%)生産量は8.23万tで前月と比べ7.17%減少、銅精鉱生産量は1.41万t(金属量)で前月とほぼ同水準である。銅加工材生産量は3.72万tでそのうち銅棒材生産量は3.06万tである。
 2007年1~7月の銅カソード生産量は対前年同期比で10.94%増加し、年度計画の53.49%を達成した。銅精鉱生産量は対前年同期比2.71%増加した。硫酸生産量は年度計画の50.90%を達したが、対前年同期比では5.05%減少した。銅棒材生産量は対前年同期比67.83%増加し、年度計画の63.33%を達成している。

ページトップへ