閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月4日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・El Penon鉱山で下請け従業員によるストライキが発生

 8月30日付け地元紙等によると、米国のMeridian社が保有するEL Penon金鉱山でストライキが発生した。8月29日に同鉱山の下請け従業員が鉱山へ通じるアクセス道路を封鎖し、経営者側に対し給与の改善を要求した。
 Meridian社の労働者のうち、約70%が下請け従業員であるといわれており、経営者側が下請け従業員代表と直接交渉を行うことにより、本ストライキは1日で終結することとなったが、チリの民間セクターで初めて下請け従業員によるストライキが発生する事態となった。

ページトップへ