閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月5日 シドニー 永井正博

Paladin社、2006/2007年度財務報告

 Paladin Resources Ltd.(本社パース、以下Paladin社)は、9月3日、2006/2007年度の財務報告を公表し、税引き後で38百万US$(46百万A$)の損失を計上したことを報告した。
 この内訳は、ナミビアのLanger Heinrich鉱山で操業拡張の結果として7百万US$の損失、探鉱・評価支出が7百万US$、ファイナンスコストが13百万US$、企業コストが11百万US$であった。
 2006/2007年度にナミビアのLanger Heinrichウラン鉱山は、U3O8を119,586lb生産した。マラウィのKayelekeraウランプロジェクトは、バンカブルFSが終了し、スケジュールどおり建設が開始された。
 新年度は、Paladin社は、北部準州のBigryliとクイーンズランド州のMount IsaウランJVプロジェクトの探鉱と評価に焦点を当てる。

ページトップへ