閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月10日 リマ 西川信康

ペルー・2007年の鉱業所得税は28.5億US$に

 業界紙等によると、ペルー鉱業協会(SNMPE)は、鉱山会社が納付する2007年の鉱業所得税は、2006年の85億ソーレスから90億ソーレス(約28.5億US$)と堅調に推移する見通しを示した。また、2007年の鉱業ロイヤルティも、2006年の3.67億ソーレスから4.2億ソーレス(約1.3億US$)になると予想している。これは、2007年も金属価格が高止まりし、良好な投資環境が維持されていくという見通しに基づいている。なお、2006年、鉱山企業が納めた所得税とロイヤルティの合計はペルー税収入全体の約45%にのぼっている。

ページトップへ