閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月12日 ロンドン 及川 洋

ナミビア:Rio Tinto、Extract社(ウラン探鉱)の11%株式買収

 9月12日付け各社報道によれば、Rio Tintoは、ナミビアでウラン探鉱を行っている豪Extract Resources社の株式の10.9%を取得した。
 Extract Rsouces社は、Rio Tintoが69%を保有するRossingウラン鉱山に隣接するRossing Southプロジェクトを保有しており、最近では、英国AIMに上場している銅探鉱企業Kalahari Minerals社による買収案が浮上していた。
 Rio Tintoは、9月第2週に、Extract Rsources社の株式とともに、Kalahari Minerals社の株式14.9%も取得しており、Kalahari社を通じた持分も含めれば、Rio Tintoは、Rossing Southプロジェクトの11.2%を獲得することになる。
 Rio Tintoは、2008年7月、同社のウラン生産を2013年までに倍増させる方針を公表しており、今回の買収はこの方針に沿ったものといえる。また、Extract Resources社は、Rio Tintoによる買収を歓迎している。

ページトップへ