閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月13日 シドニー 久保田博志

Oxiana社、買収・合併の可能性を示唆

 Oxiana Limited(本社メルボルン、以下Oxiana社)のOwen Hegerty社長は、9月11日、証券投資カンファレンスにおいて、同社は依然として、大手企業の処分資産を含め、権益取得に関心があることを明らかにした。
 同氏は、これまでにRio TintoがAlcan社(米国)を買収する際に処分する資産の取得に前向きな姿勢を示す発言をしている。
 また、Oxiana社は、亜鉛・鉛大手鉱山会社のZinifex Limited(本社メルボルン、以下Zinifex社)との合併も噂されているが、同氏は、「Oxiana社の売却はない。同社は、権益取得を志向しており、買収・合併による成長の機会を探している。」などと買収・合併の可能性を示唆している。

ページトップへ