閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年9月17日 北京 土屋春明

中国・雲南銅業集団公司、ペルー銅鉱山開発に参画

 安泰科によれば、最大株主が中国アルミ業集団公司となった後、雲南銅業集団公司はペルーの銅鉱山の開発に参画する計画である。今後、中国アルミ業集団公司は海外に所有している銅鉱山を雲南銅業集団公司に優先的に開発させる。現在、雲南銅業集団公司は7か国でプロジェクトを実施している。
 雲南銅業集団公司は、最近、中国アルミ業集団公司が最大株主となり非鉄金属企業の中で注目を浴びている。調印した協定書に基づくと、増資後は中国アルミ業集団公司、雲南省国家資産管理委員会と他の2社株主企業(省帰属企業)の権益はそれぞれ49%、47%、2%、2%となっている。
 中国は国内銅資源供給不足で多くの銅資源を輸入に依存している。銅価の変動による影響を防ぐため雲南銅業集団公司は銅原料の自給率を引き上げる必要がある。同公司は以前は製錬事業を主としていたが、採鉱・選鉱・製錬・加工の一環体制を会社の経営方針とした後、年間銅精鉱生産量は10数万tから40~50万tとなり、自給率は50%以上に達している。今後数年間で雲南銅業集団公司は年間売上額1,000億元超を目標している。

ページトップへ