閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月18日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・CODELCO、El Teniente鉱山周辺で探鉱を実施

 2007年9月13日付け地元紙等の報道によると、CODELCOはEl Teniente鉱山のマインライフを40年に延長することを目的とした探鉱を実施する。探鉱予算は2.0百万US$で、2007年から2010年の間、同鉱山周辺のQuebrada Teniente地域、Pacifico Superior地域、Nuevo Nivel Mina地域でボーリング調査を実施する。CODELCOは最近、本探鉱計画に係る環境影響評価をチリ環境委員会(CONAMA)に提出している。

ページトップへ