閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月25日 サンティアゴ 菱田 元

チリ・第Ⅱ州にNorAcid社が硫酸プラントを1.1億US$で建設

 環境委員会Conamaへ提出されたEIA報告書によると、NorAcid社がチリ第Ⅱ州の鉱業活動に供給するための硫酸プラントをコスト1.1億US$で建設すると発表した。
 このプラントは濃度98.5%の硫酸を年間約600,000t生産する能力を持ち、タービン発電機と電気コンデンサーシステムを使って約24MWの電力を供給する。また、このプラントは淡水化システムも有する。
 第Ⅱ州には世界で最大規模の銅鉱山が集まっており、BHP Billitonが57.5%を有するEscondida鉱山や、CODELCOが所有するChuquicamata鉱山が含まれている。

ページトップへ