閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月25日 ジャカルタ 池田 肇

ベトナム・ロシアが鉱物資源開発に参入を希望

 地元紙によれば9月13日、ロシアを訪問中のグエン・タン・ズン首相はプーチン大統領と会談し、両国が1991年に署名交換したエネルギー協力協定を延長して、南シナ海のベトナム大陸棚の石油天然ガス開発で連携を強化することを明らかにした。ロシアは同時に同首相に対し、ベトナムにおける鉱物資源開発にも参入を希望しており、日系企業のベトナム進出とも競合することから、今後両国政府の動向を注視する必要がある。ロシアが関心を示す具体的な鉱種については不明である。

ページトップへ