閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年9月25日 リマ 西川信康

ペルー・Shougangのストライキが終了

 業界紙等によると、中国Shougang Group(首鋼集団)が保有しているShougang鉄鉱石鉱山(イカ県)で、9月17日に開始したストライキは9月24日に終了した。Shougang鉄鉱石鉱山の労働組合の上位団体である鉱山労働者連盟のエスピノサ代表によれば、労働省のイカ地方局が労働者側に対して1日3.4ソーレスの賃上げと臨時手当1,100ソーレスの給付を認める決定を行ったことが理由である。ただし、労働者らはこの決定に対してさらに内容の見直しを要求する構えであるとしている。労働者側は、当初1日あたり5.5ソーレスの昇給と労働省の仲介を求めていた。

ページトップへ