閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2007年9月25日 リマ 西川信康

ペルー・Cajamarquilla亜鉛製錬所、Votorantim社が5億$を投資

 業界紙等によると、ラテンアメリカ最大の亜鉛生産企業であるVotorantim Metals(ブラジル)は、同社が所有するペルー最大のCajamarquilla亜鉛製錬所の拡張計画に5億$を投資することを明らかにした。
 この投資によって、同製錬所での亜鉛生産を年間32万tに増産するほか、インジウムの生産も開始する計画である。
 投資計画は大きく2期に分かれており、まず1期目は2007年9月末までに1億$を投資して年間の亜鉛生産量を現状の13万tから16万tに増産するとともに、年間38tのインジウム生産を開始する。さらに2期目では4億$を投資して亜鉛生産を32万まで増強する計画である。
 Votorantim Metalsは、2004年に同製錬所を買収し、2005年にはペルーの亜鉛大手Milpo社の株式24.9%を取得した。同社は、今回の投資を合わせて2004年から2009年までに8億3千万$をペルーに投資することになる。

ページトップへ