閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年10月1日 ロンドン 高橋健一

Norilsk Nickel、南ア・Nkomatiニッケル鉱山の拡張計画に4.45億US$投資

 ロシア・Norilsk Nickelは、2007年9月26日、南ア・Nkomatiニッケル鉱山(権益:Norilsk Nickel 50%、南アAfrican Rainbow Minerals 50%)の拡張のため、32億ランド(約4.45億US$)の投資を決定したと発表した。この拡張計画により、同鉱山におけるニッケル年間生産量は、現在の5,500tから20,500t規模に拡大し、マインライフも現状から18年延長され、2027年までとなる予定であるとしている。この拡張計画は第2期大規模拡張計画とされ、ニッケル90万tを含有する2つの多金属硫化鉱床ゾーンの開発を目的としており、鉱床には白金族金属、クロム、コバルトの副産物も確認されている。また、現在の鉱石処理規模10万t/月の選鉱プラントを25万t/月に拡大し、さらに37.5万t/月規模の選鉱プラントを新たに建設し、選鉱処理規模合わせて62.5万t/月とする計画である。これらの拡張計画は、2008年初頭に開始され、約24か月の建設期間を経て完了する見込みとなっている。拡張後の同鉱山の年間総生産規模は、ニッケル20,500tの他、銅9,000t、白金族金属11万ozとされている。

ページトップへ