閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年10月2日 シドニー 久保田博志

BHP Billiton、Goodyear氏退任、市場は新社長Klopper氏に期待

 BHP Billiton(本社メルボルン/ロンドン)は、10月1日、Chip Goodyear氏が9月30日付けで同社の社長を退任し、後任にMarius Kloopers氏が就任したと発表、
 市場関係者は、Kloopers氏の新社長就任を歓迎しており、同氏の強い性格から、Goodyear氏より更に積極的な経営が展開されるとの見方がなされている。Klooper氏は20人いた重役を7人に減らすなど、経営首脳のスリム化を図るなどの経営改革に着手、今後は、非鉄部門の責任者に誰を任命するかが注目されている。
 なお、Goodyear氏は、戦略アドバイザーとして、また、役員として2007年末までとどまる予定である。

ページトップへ