閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年10月9日 サンティアゴ 菱田 元

ブラジル・AraguaiaニッケルプロジェクトでLara社とTeck ComincoがJV契約締結

 2007年10月2日付の地元業界紙等によると、カナダ・バンクーバーに本社のあるLara Exploration社(以下Lara社)は、ブラジルPara州のAraguaiaニッケルプロジェクトについて、Teck Comincoとオプション及びJV契約で合意した。
 Lara社によると、この契約でTeck Comincoのブラジル子会社は、3年間で4百万US$の費用で探鉱を実施するとAraguaiaプロジェクトの60%権益を取得するオプションを有する。Teck Comincoは契約書サインの時点で10万US$を、探鉱支出が完了した時点で50万US$を支払う。
 更にTeck Comincoは、60%権益を取得した時点で、次の探鉱ステージに最長2年間で4百万US$支出すれば75%まで権益を増やせるオプション権を有する。
 「我々のAraguaiaプロジェクトはTeck Comincoが現在探鉱を実施している地域に隣接しており、両鉱区を合体すれば経済性のあるニッケル鉱床を発見するチャンスが非常に増える。」とLara社のMiles Thompson社長は述べた。
 Lara社はブラジルに他に複数の鉱区を所有しており、ペルーに酸化銅の鉱床を保有している。

ページトップへ