閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年10月16日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・新鉱業関連法を2007年末までに制定、鉱業大臣語る

 10月10日付け地元業界紙によると、Poniachik鉱業大臣は鉱山会社や探鉱会社が保有するプロジェクトの資源量・埋蔵量を確定したり、ボーリング結果を報告する方法を規定した、新たな鉱業関連法が2007年末までに国会を通過する見込みであることを明らかにした。
 同大臣はLMEの主催する年次ミーティングに出席し、「先日、チリ上院で裁決された有資格者法はチリがカナダのような鉱業大国と同等となるために役立つものである。」と述べた。

ページトップへ