閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル コバルト
2007年10月29日 バンクーバー 武富義和

コンゴ民主共和国(DRC)・Tenke Fungrume銅コバルトプロジェクト、Lundin社(カナダ)が開発遅延、コスト上昇を発表

 カナダ・Lundin社は、Tenke Fungrume銅・コバルトプロジェクトの生産時期が、建設遅延により、当初の2008年第4四半期から2009年に延期、また、建設費が38%増加すると発表した。第1フェーズ段階の投資額は、650百万$から900百万$に増加する。
 同プロジェクトのオペレーターはFCX(旧Phelps Dodge社)であり、銅カソード115千t/年、コバルト8千t/年の生産を見込んでいる。
 Lundin社は、今春、Tenke Mining社を買収しており、世界有数の大規模、未開発鉱床の一つとされるTenke Fungurume銅・コバルトプロジェクトの24.75%の権益を取得している。

ページトップへ